「国際金融都市、東京の環境整備に係わる要望書」を、金融庁担当の和田義明大臣政務官へ提出してきました。

10月30日(金) 中央区議会自由民主党議員団

中央区議会自民党議員団は、金融庁担当の和田義明大臣政務官へ、「国際金融都市、東京の環境整備に係る要望書」を提出しました。
日本最大の金融センターを抱える中央区では、電子化等による昼間人口減少や、コロナ禍からの早急な経済復旧に向けて、辻󠄀清人代議士との連携により今般の要望書提出に至っております。

主な内容
1、法人税率の大幅な引き下げと所得控除対象事業の拡大と延長
2、開業までの許認可等手続きの迅速化
3、外国人の生活環境整備と地元自治体への受け入れ体制支援
4、コロナウイルス感染症の早期収束とその他災害への取組み強化

地域経済発展の一助となるべく、中央区議会自民党議員団は活動してまいります。

引き続きのご支援賜りますようお願いいたします。

123383301_817073725522617_16015353363084

左から海老原たかさと議員、富永一副幹事長、いその忠幹事長、和田義明大臣政務官、木村克一副幹事長、塚田秀伸議員、佐藤あつこ議員、辻󠄀清人代議士